TOPページ > お知らせ > 【メルマガ】NHKの受信料で最高裁判決がでました 【つなぐナビ】vol.236


【メルマガ】NHKの受信料で最高裁判決がでました 【つなぐナビ】vol.236

いつもご愛読ありがとうございます。

メルマガ担当の大坪です。


忘年会の季節になり、お酒を飲みすぎている方も多いと思います。

自分では飲んでないつもりでも、お酒はいきなり襲ってくる

ことがあります。


飲みすぎてしまうと、周りの方に迷惑をかけることになりますので、

お酒を楽しめる範囲での飲酒にするよう気を付けましょう。


つなぐナビ忘年会についても場所詳細が決定しました。

下記ホームページもしくはFacebookページでご確認ください。

なお、お申込みをお受けできるのはあと若干名です。

まだ迷ってらっしゃる方はお早目に!

HP:http://www.tsunagu-navi.com/seminar/entry-382.html
Facebook:https://www.facebook.com/events/294017007781413/


さて、本日はNHKの受信料についてです。

◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       NHKの最高裁判決について    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

約900万世帯が契約していないと言われるNHK受信料。


先日、最高裁判所において判断が下されましたので、

その内容をお知らせしたいと思います。


もともと、ことの発端は放送法で定める「受信機を設置した

時点でNHK料金を支払わなければならない」という規定が、

契約自由の原則に反しているかどうかが争われた裁判でした。


結論を申し上げると、最高裁判所は

受信機(テレビ、ワンセグ携帯など)を設置した時点で、

NHK料金を支払う義務を負うというものでした。


ただし、NHKが主張していたような

NHKが申込用紙を未契約世帯に送れば

一定期間をもって契約が成立するということは

認められませんでした。

あくまでも裁判による判決を取得してはじめて

契約が成立します(正確には受信契約の承諾が命じられます)。


もちろん裁判を起こさずに、強制執行ができるはずもなく、

集金人が受信料を強制的に徴収することはできませんので

その点お間違えのないようにしてください。




今後、NHKは未契約世帯について裁判を起こし、

受信料を徴収することになると思いますが、

現時点での未契約者はテレビ設置時からの受信料を

支払う義務を負いますので、かなり高額な費用を

用意する必要が出てくるかもしれません。


NHK発表資料

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171206/k10011249011000.html
◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         会員企業のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

【日本はぐケア協会とはどんな協会?】


『はぐケア』の「はぐ」には、「育む」の「はぐ」と

「抱きしめる」の「hug」の意味が込められています。

また、「HUG」は

「Help Unit Generations(世代をつなぐ手伝いをする)」

の略でもあります。


父母世代だけでなく、祖父や祖母の世代まで含めて、

みんなが新しい命をそっと抱きしめ、知識や経験を伝達し、

育んでいこう、という想いを込めました。

育児とは本来、楽しいものです。

そして、男性なら男性として、女性なら女性としての関わり方があります。

そのような、昔からの役割を継承しつつ、

未来に向けての新しい形の育児へと進化させていくサポートを行っています。



<企業概要>

団体名: 日本はぐケア協会

代表者: 平林 大輔

H P: http://www.hugcare.jp/